モデルコースN-2駿河湾に突き出た砂嘴と火道の断面を見る

エリア
北伊豆エリア 沼津市
地質時代
約80万年~40万年前に、陸上で噴火した大瀬崎(おせざき)火山の噴出物と、その後に海流で運ばれた砂礫(されき)が堆積してできた砂嘴(さし)の地形
コース
スタート:大瀬崎駐車場大瀬崎神社神池大瀬崎南火道(かどう)駐車場ゴール:大瀬崎入口展望台
距離
徒歩 約 3km (累積標高70m)
所要時間
約2時間
難易度
ウォーキング
集合場所
大瀬崎駐車場(有料)
解散:大瀬崎入口展望台

見どころ

駿河湾に突き出た大瀬崎は海岸沿いの海流によって運ばれた岩や土砂が帯状にたまってできた砂嘴です。砂嘴の先端には淡水の神池があり伊豆の七不思議の一つと言われています。推定樹齢1000年を超えるビャクシンの巨木は厳しい環境や幾度の津波にも耐えてきました。西の海岸では、大瀬崎火山が流した溶岩の積み重なりや、大瀬崎南火道の断面が観察できます。

  • スタート: 大瀬崎駐車場

    海岸の近くに、無人の有料駐車場があります。

  • 大瀬崎神社

    駿河湾漁民の信仰の象徴である大瀬神社は、海の守護神として知られています。

  • 神池

    大瀬崎の先端には神池(かみいけ)と呼ばれる池があります。この池は海のすぐ近くにもかかわらず淡水の池なのですが、なぜここに淡水が湧くのかはわかっていません。

  • 大瀬崎南火道

    西の海岸では、大瀬崎火山が流した溶岩の積み重なりや、大瀬崎南火道の断面が観察できます。

  • ゴール: 大瀬崎入口展望台

    駿河湾に突き出した大瀬崎は、海岸沿いの海流によって運ばれた岩や土砂が帯状にたまってできた砂嘴という地形です。

参加費
大人 2,500円 小中学生 1,250円
催行人数
2名様~10名様程度。
予約
1週間前までに、ご予約ください。
持ち物
歩きやすい服装・履物 帽子 飲み物 など。
注意
小雨決行・荒天中止、
当日のキャンセルは全額となります。
申し込み先
伊豆半島ジオガイド協会 (電話・FAX・フォームなどで申し込みください)

TOP