モデルコースN-4三島まで流れ着いた富士山の溶岩流と湧水

エリア
北伊豆エリア 三島市
地質時代
約1万年前に、新富士火山から噴出した三島溶岩流が造った大地
コース
スタート:楽寿園源兵衛川三嶋大社白滝公園三島駅南口:ゴール
距離
徒歩 約3km (累積標高 30m)
所要時間
約2時間30分
難易度
街歩き
集合場所
三島市立公園楽寿園駅前入園口
解散:三島駅南口
 

見どころ

約1万年前に新富士火山から流れ出した溶岩流は、愛鷹山(あしたかやま)と箱根山の間の谷を約40km近く流れ下り、三島市街の大地を造りました。三島溶岩と名付けられた溶岩流は、楽寿園や白滝公園(しらたきこうえん)などで止まりました。地下の溶岩流の隙間を流れてきた富士山の雪解け水・雨水は、溶岩流の末端となる三島市街地で湧き出し、豊富な湧水は水の都の人々の生活を潤して、また観光客を惹きつけています。かつての伊豆諸島の火山神をまつる三嶋大社にも立ち寄ります。

  • スタート: 楽寿園駅前入園口

    三島駅南口から徒歩2分
    入園口手前の広場でお待ちしています。

  • 楽寿園内

    約1万年前に富士山から流れ出した溶岩流が約40km離れた三島の地に達しました。園内に残された自然の中に、崩壊した溶岩塚や縄状溶岩が見られます。

  • 源兵衛川

    富士山の溶岩流の透き間を伏流してきた雪解け水が、溶岩流の末端部に相当する三島各地で湧き出し、清らかなせせらぎは市民や観光客の憩いの場となっています。

  • 三嶋大社

    かつて伊豆諸島での火山の噴火を鎮めるために、三嶋神をこの地に遷座して、大明神の位を授けたと言われています。

  • 白滝公園

    溶岩流の末端から雪解け水が湧き出ています。

参加費
大人 1,700円 小中学生 850円
楽寿園・入園料: 300円
催行人数
2名様~10名様程度。
予約
1週間前までに、ご予約ください。
持ち物
歩きやすい服装・履物 帽子 飲み物 など。
注意
小雨決行・荒天中止、
当日のキャンセルは全額となります。
申し込み先
伊豆半島ジオガイド協会 (電話・FAX・フォームなどで申し込みください)

TOP