モデルコースN-5丹那断層が造った盆地・北伊豆地震と人々の暮らし

エリア
北伊豆エリア 函南(かんなみ)町
地質時代
数十万年前から活動を始め、700~1000年の繰り返しで横ずれを起こした活断層が造った盆地
コース
スタート:酪農王国オラッチェ八島手神社渇水対策記念碑新山の双体道祖神丹那断層公園昭和書碑林皇産霊神社断層地形オラッチェ:ゴール
距離
徒歩 約4km (累積標高 80m)
所要時間
約2時間30分
難易度
ウォーキング
集合場所
酪農王国オラッチェ入口
解散は集合場所と同じです。
 

見どころ

約50万年前に噴火した多賀火山(たがかざん)の西斜面で、数十万年前から活動を始めた丹那断層(たんなだんそう)。累積で約1kmにも及ぶ横ずれと約100mの垂直ズレを伴う谷間が刻まれ、湖沼となり、田代盆地・丹那盆地・浮橋盆地などの平地を山中に造りました。昭和5年11月26日に発生した北伊豆地震は、人々に大きな災害をもたらしました。その地震や丹那トンネル工事を原因とした渇水とその克服など、盆地の暮らしを辿ります。コンビニも信号も無くて、のどかな「丹那時間」が過ぎる盆地中央から観察する断層地形は圧巻です。

  • スタート: 酪農王国オラッチェ

    酪農の里・丹那に、「作る人と食す人がふれあう空間」をめざして開国した、オラッチェ。アイスクリーム作りなどの体験も充実しています。

  • 八島手神社

    八島士奴美神(やしましぬびのかみ)を祭神とする神社です。
    境内の亀石・白蛇石は湯河原火山の転石と考えられます。

  • 渇水対策記念碑

    丹那トンネル工事が原因で渇水に見舞われた丹那盆地。水を求めて簡易水道を建設した記念碑などが並びます。

  • 新山の双体道祖神

    函南町が南限と言われる双体道祖神のひとつです。

  • 丹那断層公園

    昭和五年の北伊豆地震(マグニチュード7.3、震度6)で地表に現れた左横ずれ断層(2.6m)が天然記念物として保存されています。

  • 昭和書碑林

    書の伝統文化が世に広まることを祈念して、現代書道家たちの筆による石碑が建立されています。

  • 皇産霊(みむすび)神社

    髙皇産霊(たかみむすび)の神、神皇産霊(かみむすび)神を祀っています。

  • 断層地形の観察

    盆地の中央から玄岳の稜線を見ると、北伊豆断層が数十万年かけて上下に約100mずれた様子を観察できます。

参加費
大人 1,400円 小中学生 700円
催行人数
2名様~10名様程度。
予約
1週間前までに、ご予約ください。
持ち物
歩きやすい服装・履物 帽子 飲み物 など。
注意
小雨決行・荒天中止、
当日のキャンセルは全額となります。
申し込み先
伊豆半島ジオガイド協会 (電話・FAX・フォームなどで申し込みください)

TOP