モデルコースS-1ペリーが愛した下田の街を歩く

エリア
南伊豆エリア 下田市
地質時代
約1000万~200万年前に浅い海底で噴火した海底火山の噴出物
コース
スタート:伊豆急下田駅稲田寺・本覚寺了仙寺伊豆石の建物ペリーロードペリー上陸碑下田公園:ゴール
距離
徒歩 約 2km (累積標高 50m)
所要時間
約2時間
難易度
街歩き
集合場所
伊豆急下田駅 黒船のオブジェ前
解散:下田公園
 

見どころ

160年前、ペリーが来航し、開国港として知られる下田。1000万年前の海底火山の噴火でできた「伊豆石」の蔵が異国情緒を醸し出します。下田の街を歩きながら、開国の歴史と地形の関わりを感じるコースです。

  • スタート:伊豆急下田駅

    伊豆急行線の終着駅
    駅前の黒船のオブジェ前集合

  • 稲田寺(とうでんじ)

    下田市内には、1854年12月の安政東海地震に伴う津波の痕跡や慰霊碑も見られ、津波による被害と、そこからの復興についても学ぶことができます。

  • 本覚寺(ほんがくじ)

    安政東海地震に伴う津波の被害を記す津波塚があります。

  • 了仙寺(りょうせんじ)

    幕末にペリーと日本全権との間で日米下田条約が締結された了仙寺。
    本堂の軒下には安政東海地震に伴う津波の痕跡が残ります。

  • 伊豆石の建物

    下田市街の街並みを歩いていると、特徴的な壁の家や店舗が目に入ります。一つは「なまこ壁」と呼ばれる漆喰の壁。そして、もう一つが「伊豆石」の壁です。
    下田を始めとした伊豆半島南部は海底火山の火山灰や軽石からなる地層が多いため、伊豆軟石の最高の産地でした。 下田市のペリーロード周辺では、こうした軟石を使った建物がおしゃれな店舗などに活用されています。

  • ペリーロード

    ペリーロードは、黒船でやってきたペリー提督が了仙寺で日米下田条約締結のために行進した道です。おしゃれなバーや雑貨店など、昼も夜も楽しめる川沿いの小径です。

  • ペリー上陸碑

    日米和親条約締結により即時開港となった下田に、ペリー艦隊が次々と入港し、乗組員が上陸した場所を上陸記念の地として、ペリー上陸の碑が建てられています。

  • 下田公園

    下田港を望む小高い丘で、春は桜が咲き、6月には300万輪のあじさい、冬は161種の椿が咲くロマンチックな公園です。

参加費
大人 1,500円 小中学生 750円
催行人数
2名様~10名様程度。
予約
1週間前までに、ご予約ください。
持ち物
歩きやすい服装・履物 帽子 飲み物 など。
注意
小雨決行・荒天中止、
当日のキャンセルは全額となります。
申し込み先
伊豆半島ジオガイド協会 (電話・FAX・フォームなどで申し込みください)

TOP